投資の時代

所沢でおすすめの不動産を知りたいなら;不動産会社ランキング

今の日本はデフレの真っ只中にあります。そんな状況下では、インフレ時代の普通の投資すら難しくなってしまいます。
しかし、やっと日本ではデフレからの脱却ができそうです。つまり、リスクを取ったものが報われる時代になったのです。
デフレ真っ只中だった2011年度や12年度を見れば分かる通り、デフレとは貨幣価値が上がり続ける状態です。この状態が続けば、当然お金を多く抱えている企業や人が強くなるので、いくら少ない原資を投資に回しても、お金のない人はお金のない人のままなのです。

しかし、インフレに実際に舵を切り出した日本経済は、投資したものに微笑む時代になったのです。インフレになれば借金をしてもその実質的な金利は低くなります。それは、貨幣価値が下がっていくからです。つまり、インフレ期の投資対象は現物がいいと思われます。そんあ現物投資のなかでも、マンション投資がオススメです。
マンション投資とは、その名の通りハウスメーカーや工務店が建てたものを購入するのもマンション投資ですし、自分の持っている土地に新たにマンションを建てるのもマンション投資です。

この投資には、ある程度まとまったお金が必要です。このお金を調達するには、不動産担保ローンがオススメです。不動産担保ローンは、借りる人が持っている不動産を担保に貸付をするローンの形態です。
不動産担保ローンがオススメなのは、これからインフレ期に突入するので、その実質的な金利負担は減っていきます。また、不動産担保ローンなら、担保にした不動産価値によって貸付金の上限がきまります。つまり、これから土地代が高くなるという時代においては、使い勝手のいいローンなのです。